実はよく分からない?!プラントの仕事に関する基礎知識

プラントの仕事内容は?

プラントの仕事は工場にある設備の保安点検をします。電気設備はもちろんのこと、工場の設備全てをチェックするのが仕事です。工場内にある設備のほとんどは専門的なものばかりで、規模も大きいです。そのため点検のための予算も莫大となることも珍しくなく、大きなプロジェクトに関わることもあります。

プラントの仕事と言っても様々な職種があるため、設備に関する知識だけでなく、各業種の専門的な知識も必要不可欠です。化学製品を取り扱っている工場を担当するのか、食品を作っている工場を担当するのかで必要な知識も大きく違ってくるのです。

どんな種類があるのか?

プラントの仕事の業種には食品や化学、環境や建設があります。関わる業界によって、仕事内容が変わってくるのです。食品関連のプラントでは飲料や加工食品などを製造する工場で働きます。人間の口に入るものを作っているので衛生管理を徹底したり、異物混入を防ぐための管理を任せられます。

化学関係では化学製品を生産するための機械や基本設計を行う機械、電気防御システムと様々な機械を取り扱っているのが特徴です。専門的な機械を扱うためには、資格を取得しなければならないケースもあります。化学物質を取り扱うため事故や環境汚染に気を配ります。

環境関連の業種では下水道処理や資源回収、廃棄物処理やバイオマスなどを行う工場を管理することになります。管理業務の他に試運転やメンテナンスにも関わることが多いです。建設関係には電気系と機械系があり、電気系はプラントへ電気供給をするシステムの構築をします。機械系では工場内の機械はきちんと動くのかチェックしたり、機械の基本設計をすることもあります。

プラントの転職の際は、各企業が扱う事業によって違いがありますが、機械設備の設計や運用、保守といった様々な専門知識や技術が必要となります。

Popular Posts

Follow US