新卒採用で将来有望な社員を獲得するために大切なこと

人事担当者や現役社員と交流できるイベントを開こう

新卒採用の際に、将来的に社内で活躍できる人材を獲得するためには、早いうちから学生に興味を持ってもらえるよう、効果的に事業内容をアピールすることが重要となります。たとえば、人事担当者や現役社員と交流できる会社説明会などのイベントは、多くの学生にとって志望企業を決めるうえで絶好の機会として捉えられることがあります。そこで、イベントに向けて会社の主な事業内容について紹介するためにプレゼンテーション用の資料を作成したり、新卒採用を担当する社員の研修を行ったりすることが大事です。なお、時にはイベントに参加をしてくれた学生にアンケートに回答してもらい、多くの新卒者が求めていることを把握しましょう。

応募者が増えないときは新卒者の待遇の見直しをしよう

新卒者を対象とした求人を出してもなかなか応募者が増えない場合には、給料や休日、福利厚生など様々な面で待遇の見直しを検討してみましょう。特に、出勤日や勤務時間が不規則な企業は、新卒の学生から敬遠されやすい傾向があるため、基本給や手当を高額に設定したり、定期的に長期休暇を取れるようにしたりすることがおすすめです。また、キャリアアップを目指す新卒者を受け入れるために、昇進や昇進の基準を明確にするのはもちろんのこと、業務の合間にスキルの向上に繋がる研修を実施することも大切です。その他、ビジネス誌などを用いて同業他社の新卒採用の事情について調べたり、人材コンサルタントなどの専門家に助言を求めたりすると良いでしょう。

新卒採用コンサルティングは、近い将来に社内で中心的な業務を担う人材を見極める上で重要な取り組みとなっています。

Popular Posts

Follow US