プラントの施工管理は難しい?仕事内容とキャリアの基本

プラントの施工管理の仕事とは

プラントの施工管理は一般的な施工管理の仕事とはやや異なる面があります。仕事内容の概要としては建設工事の施工プランを作成して基本的な手配を全て担当し、建設が始まってからは現場で進捗管理や安全管理などをすることです。どのような建物の建設現場でも施工管理をする必要はありますが、特に規模が大きい際には施工管理者を置いて現場で施工管理に特化した業務を担当させます。プラントの施工管理が通常と異なるのは、管工事が特殊性を持つことが多い点です。プラント配管は水や空気を通すだけでなく、有機溶剤などの有毒性や引火性がある液体を取り扱うことも、二酸化炭素や塩素などのガスを用いることもあります。日常にはない物質を使用することを考慮した施工管理が求められるのが特徴です。

プラントの施工管理のキャリア

プラントの施工管理の仕事では施工管理技士の資格を取ってキャリアアップを目指すのが一般的です。現場で監督として働き、施工管理技士の指示の下で施工管理全般のノウハウを手に入れるのが最初のステップになります。そして、知識を習得し、経験を積んだ後で施工管理技士の資格を取得してリーダーとして現場を管理するようになるのがキャリアパスです。施工管理技士の資格は土木、管工事、電気工事などに分かれているので、複数の資格を取ると幅広く対応できるプロフェッショナルになれます。キャリアアップの方向性としては多岐にわたる現場に入れる施工管理技士になる方法と、現場経験を積んで管理職を目指す方法があります。

プラントの施工管理に特別な資格は必要ありませんが、就任する場所により、土木施工管理技士や建築施工管理技士などの資格を取っておくと有利です。

Popular Posts

Follow US